最大持続36時間。

シアリスの特徴としては他のED治療薬に比べ持続時間が長いことです。また食事の影響もそれほど受けないため使用される方が多いです。ただしシアリスの効果を最大限に出したい方は空腹時に服用されることが望ましいです。こちらではシアリスやジェネリック品について皆様に詳しくお伝えしていきます。

日本人にあってるED薬の用量について

日本人の体格は、昭和の時代に比べますと非常に良くなりました。
平均身長も伸び、男女双方ともスラリとしたモデル風の体型を持つ人々が増えました。
かつては170cmに届かなかった日本人の成人男性の平均身長も、現在では171cmから175cm程度が平均値となったのです。

スポーツマン風の筋骨隆々とした体格を持つ若者も増え、
サッカーやテニス、アメリカンフットボールの分野でも日本人男子の活躍が目立ち始めています。
ただし、まだまだ欧米の男性と比較した場合、身長体重ともに日本人の数値の方が低くなります。
現実問題として人種が異なりますので、単純な体格面において、日本人は小柄なのが実情です。

世界的に見れば、小柄となる日本人男性。
体格の差を意識しなければいけないのは、アスリートだけではありません。
例えば、ED薬の一つバイアグラを飲む際も、欧米人との体格差を考えるべきです。
バイアグラは原則一錠の服用が推奨されていますが、100mgや50mgの錠剤を比較的小柄な日本人がそのまま服用してしまうと、副作用のリスクが高まります。

無論、個人差が見られますが50mg以上の量を一夜に服用した場合、
肝心の勃起支援よりも、頭の痛みや消化不良、鼻水の増加等が強く現れ、セックスどころではなくなる、といったリスクがあります。
身長体重ともに欧米人並にある大柄な日本人であれば特段量をコントロールする必要は無いでしょう。
しかし、身長180cm以下の日本人男性であれば、25mgを基準にしたいところです。

最初から量が多い100mgの錠剤を買うのは控え、50mgのバイアグラをチョイスしましょう。
その後、ピルカッター等で錠剤を割り、半分こすれば良いのです。
健全な日本人男性であれば、その半分の量でも安定した男性機能が体感出来ますので、
いたずらに多くの量を取るよりも、あえて少量で始めた方がリスクもなく安心です。